• 展示会装飾における手渡し品の重要性

    • 展示会においてさまざまな品物を訪問者に手渡しすることがあります。見学に訪れた印象は当日は記憶に残っています。
      しかし手ぶらで帰ると、その商品の印象は日に日に薄らいでいってしまいます。展示会場で何かしら商品に関わるものを手渡しして携えて帰っていたとしたら、必要な時に取り出して見直すことができます。人によっては大事にそういったものを収集して必要に応じて取り出してうまく活用している場合もあります。


      特に展示していた新商品の案内パンフレット、サンプル、その企業の生産する関連品を含めたリーフレットなどの装飾物は結構のちのちまで保管されていて必要に応じて利用されて、連絡が来る場合もあります。

      したがってそういった手渡し装飾品には必ず担当者名や企業の連絡先、提携先、販売店、取次業者などを明記しておくとよいです。



      展示会においてはさまざまな対応を狭い場所でいちどきに行う必要があります。



      そこで、それらの広範な対応に長けたスタッフを常駐させておくなどの措置が必要な場合もあります。

      脈のあった訪問者の元に展示会から帰ってすぐに営業にまわるなどの行動に移ることでより親密になれることもあります。


      大事な顧客が立ち寄ったり、大きな取引を考えている訪問者も訪れる可能性があるからです。

      そうしたことも考え展示会装飾において気の利いた手渡し品を準備しておくとよいです。

      その際に企業の情報をよく吟味して付け加え、効果的に利用してもらえるように工夫することが必要です。



      どういったものならば手元において利用してもらえるか、あるいは後々に連絡用に使ってもらえるかをよく考えてこれらもデザインするとよいです。

  • 知りたい情報

    • 展示会装飾における動線の大切さ

      展示会のブースを担当する場合、人の流れを作ることはとても重要です。とどまってほしい新商品やそのもっとも伝えたい部分に訪問者を誘導することは、展示会スペースを装飾デザインするうえで最も重要になります。...

  • これからの社会

    • 装飾が訴求力を高める展示会

      近頃は、同業種が同じ会場に一堂に会し、サービスや商品についてのPRをおこなう展示会という形式のプロモーションが増えてきました。わたしたち消費者にとっては、欲しいものについての情報が一挙に入手できるチャンスですから、大変お得なイベントですね。...

  • みんなの常識・社会の情報まとめ

    • 展示会で使用する装飾品

      企業がプレゼンテーションを実行する展示会においては、信頼感を向上させるヒントが大事です。外部へアピールしていくことに専念すれば、装飾品のこれからの活用性が広がるので、基本的な情報から振り返ってみる状況が大切です。...

    • 気品を備えた展示会装飾

      新商品の展示会ブースの装飾は、企業のイメージアップの場でもあります。新商品を次々に開発する力があることを内外にアピールする場であることはもちろんですが、それ以上に企業の宣伝の場です。...